鳴海宿


[鳴海宿]
東海道五十三次、40番目の宿場町で鳴海宿の東と西の端に設けられた常夜燈は今も両方残されており、(丹下町常夜燈、平部町常夜燈)と寺が多い街【鳴海寺詣り歌】わらべ唄 でうたわれています。本陣1軒、脇本陣2軒、旅籠68軒があり、宿場町が約1.5キロに渡って続いていたことを知ることができます。 今川方に最初に寝返った根古屋城(鳴海城)、1394〜1428年(応永年間)に安原宗範が築城したもので、1560年(永禄3年)の桶狭間の戦いでは、今川義元軍の武将岡部元信が、この城で織田軍と戦った。その後、織田信長の手に渡り1590年(天正18年)に廃城となってしまった。 また桶狭間の戦いで信長が奇襲作戦に入る際に集結した善照寺砦跡もこの界隈にあります。
[鳴海絞り]
有松と鳴海は現在共に名古屋市の緑区に属しているが、名古屋市に編入されるまでは有松は知多郡、鳴海は愛知郡に属しており、元々は全く別の地域である。有松絞りと鳴海絞りは現在でこそ「有松・鳴海絞り」として一括して伝統工芸品に指定されているが、江戸時代より互いに本家争いや販売、訴訟合戦を繰り返し、戦後に友禅の人間国宝山田栄一を鳴海絞りの人間国宝にもしようと運動が行われた際には、有松側から横槍が入ったと言われる。 なお、江戸時代にも絞り染めの生産の中心は一貫して有松地域であったが、正式な宿場ではない有松は旅人の停留する所ではなく東海道五十三次の一つであった鳴海宿においても販売を行ったことから、有松絞りも江戸では専ら「鳴海絞り」と呼ばれていた。
宿の東と西に常夜灯が両方残されており、宿場町が約1.5q渡っていたことが分かる。
[鳴海は寺の多い街【鳴海寺詣り歌】わらべ唄]
東海道の鳴海宿 寺銭用意しなされや 西よりはじまる寺参り 風呂敷かぶりの光明寺・花井小路の長翁寺・ちょっと入った東福院・お腹に仏の如意寺・出たり入ったり誓願寺・三猿がまえ圓道寺・縁の高いは円龍寺・まんまん曲がって万福寺・木林山を真っ二つ ・右に構える浄泉寺・中島橋の三つ股を左に行けば浄蓮寺・右にとれば善明寺・平部はずれの金剛寺・松原越えて四本木の左に傾く神明社・右に行けば御諏訪社・中におさまる二殿様・越えて絞りの有松の左に高い天満社・右にとれば桶狭間・信長公の奇襲戦 ・義元公の首塚に・その霊まつわる長福寺



  ぶらりみてある記・トコトコ東海道・鳴海宿(戦国時代の名残と伝統が息づく街)
・戦国時代には尾張織田、駿河今川両勢力が拮抗する最前線でした。間の宿の有松には、有松絞の伝統が息づいています。木綿の有松絞が、東海道を行く旅人に名産品として売られ、伝統産業として今も受け継がれています。 桶狭間古戦場跡に近い高徳院には今川義元の墓、義元の鎧掛け松、お化け地蔵などがあります。 芭蕉との縁も深く、芭蕉存命中にできた唯一の千鳥塚(自筆)や瑞泉寺には最古の芭蕉供養塔も。じっくりと歴史をかみしめてみたいものです。

問い合わせ:TEL (052)621-0111
住 所:〒458-0924 愛知県名古屋市緑区有松3008番地
 「ぶらりみてある記 トコトコ東海道」公式サイト です。
http://www.aichi-kanko.jp/tokotoko/index.html
 信長と歩くのホームページです。
http://www.nobunagawalking.ncvb.or.jp/
 名古屋を歩こうのホームページです。
http://toppy.net/nagoya/


トコトコウオーキング開催ということで11月20日(土) 宮宿・鳴海宿(名古屋)桶狭間合戦450周年記念・織田信長ウォーキング「桶狭間進軍コース」をゆくということで参加した来ましたが、当日は天気も良くて暑いぐらいの日で ちょっと早めに鳴海についたのですがすごい人が並んでおりこんなに参加者が多いのかとびっくりでした。距離は6.5キロで約2時間半と書いてありましたがポイントではボランティアの方が説明をされておりいろいろ聞きながら歩いていたら結構時間がかかり3時間ぐらいかかりましたが何とか歩ききることができました。 絞り会館横や関ヶ原古戦場公園、ゴール地の桶狭間神明社などでは色々な催しあがあってすごい人出でこうい場所ではゆっくり見ることができなかったです、また途中ではこの日だけ中を開放して見せてくれる場所も結構ありました。13時半から絞り会館で桶狭間歴史トーク「安部龍太郎」講演会がありましたので聞いてきましたが小説家の語りは面白おかしくでどのくらいが真実かよくわからない部分が あり話半分かなと思って聞きましたが大学などの研究者のほうが真実がわかるのではと思いました。私も自分でカメラのルーツ記事などを書きますが実資料及び実物を集めないと人の書いた記事は時には違っていてまたこの記事を見て違ったことを堂々と書いている方も多々います。
鳴海町巡りT
鳴海町巡りU
鳴海寺巡りT
鳴海寺巡りU