< 黒川&御用水跡街園 >



  ●【堀川庄内用水の源流】:北区の楠と守山区を結んで、水分橋がかかっている。水を分ける橋‥‥ずいぶん変わった名前である。橋のすぐ上流には、ダムのような物がある。市内ではここにしかない珍しいものだ。  橋の北では八田川が庄内川に流れ込んでいる。南では堤防にスクリーンが設けられている。  ダムのようなものは頭首工(とうしゅこう)といい、庄内川を塞き留めて水位を上げるためのものだ。塞き上げられた水は、スクリーンから取り込まれ堤防をくぐり南に流れてゆく。この流れが堀川であり庄内用水である。 ここ水分橋は堀川や庄内用水の源流なのだ。庄内川から堀川などに水を分けるところに架かる橋だから水分橋という。
日比津村から烏森村を経て南流する用水路。名古屋最大の農業用水、庄内用水は荘園時代に造られたと推測されるが、江戸時代に大きく整備される。惣兵衛川は改修した人の名から付けられたといわれる。

・【黒 川】:黒川は堀川の上流部を指したりもしますが、現在では川の名ではなくどちらかと言えば「黒川本通」をはじめとした地名として主に使われています ところで黒川の前身となる流れは、御用水(ごようすい)と呼ばれていました。 これは、もともと一六六三年(寛文三年)に名古屋城の濠の水を補うため庄内川から水を引くために設けられた水路でした。  この御用水を基として一八七七年(明治十年)、愛知県土木課長であった黒川治愿(はるよし)が黒川を開削しました。 これによって犬山まで船が通行可能になり、名古屋の産業は大いに発展したといわれています。  堀川の上流部をいまでも黒川と呼んだり、この辺りに黒川という地名が残るのは彼の名から来ており、彼の功績を記念したことに由来しているのです。 流域で、通称・愛称が異なっているのも特徴で、河口から順番に、朝日橋(堀留)までが「堀川」、黒川樋門までが「黒川」、庄内用水元杁樋門までが「庄内用水」と呼ばれている。
橋は夫婦橋〜新堀橋〜辻栄橋〜瑠璃光橋〜木津根橋〜稚児宮人道橋〜猿投橋とその間に人が渡れる橋が2つある。



・【御用水跡街園】:御用水(ごようすい)がつくられたのは、名古屋城や堀川ができてから約50年後の寛文3年(1663)です。  黒川の夫婦橋から猿投橋までの左岸、約1.5kmを整備して設けられたもので、かつて名古屋城のお掘の水源として開削された「御用水」に因む。 それまで名古屋城のお堀(ほり)や堀川へ流れこむ川や用水はありませんでした。名古屋城の北側は低い土地だったので、自然のわき水がお堀に入っていたと思われます。 しかし、町が大きくなり家が増えると、地面にしみこむ水が減ってわき水も少なくなってきたのでしょう。また、堀川の西側の町は井戸(いど)の水質が悪く、良い水が飲めるようにしなければいけませんでした。 このため、現在の守山区にある龍泉寺(りゅうせんじ)下の庄内川(しょうないがわ)から水を取り入れ、お堀まで水路がほられました。これが「御用水」です。水路の幅(はば)は約3mで深さは1m、両岸には松が植えられていました。 黒川と並行していた御用水は戦後の水質の悪化などから1972年(昭和47年)から埋め立てられたが、その流域の一部が遊歩道を主体とした街園として整備され1974年に開放された。 近年では桜の名所として市民から親しまれている。




・【惣兵衛川】: 名古屋最大の農業用水、庄内用水.......といっても、都市化がすすんだ今日では名古屋に住んでいる人たちでさえも、知らない人の方が多いのではないだろうか。  肥沃な穀倉地帯であった濃尾平野。農業の生産力が名古屋の発展を支え、稲作農業を支えたのは用水だったのである。
場 所:御用水跡街園 愛知県名古屋市北区辻本通2丁目 最寄り駅:上飯田駅(直線距離520m)
 名古屋歴史ワンダーランド(水辺を訪ねて)のホームページです。
http://itou1.cool.ne.jp/rekisi/rekisi-index/indexrekisi.htm
  御用水は私が住んでいた住宅のすぐ横にありきれいな水で、小さいころよく水遊びをしました。結構川でザリガニやフナなどを採ったりして遊びました。 また上流の自然プールは毎年夏になると結構新聞で賑わっている様子が載っていたことを覚えていますね。私が住んでいたところは埋め立てられ昭和37年ころには道路の一部になってしまいましたね。 上流は今は桜の名所でまた今の時期は土手一杯に彼岸花が咲いて散策が楽しい場所であるっことがわかりました。また惣兵衛川は中村区のほうに私が通っていた高校のすぐわきを流れていましたが当時は殆ど水がなかったのですが今は整備されて水が流れているとか。 この日のボランティアの方が聞いてみたら小中学校の1年先輩の方で他に5年後輩の方が参加者の中に見えて昔の話が色々と話題になりました。
翌週土曜日に再度御用水跡街園を今回は逆に上飯田〜清水までゆっくりと彼岸花を見ながら再度歩いてみましたが、ここは川幅もあまり広くなく桜の木なども対岸同士で重なり桜の季節は素晴らしい場所を再確認しました、また堤防沿いにスポット照明が埋め込まれており夜桜なども楽しめんそうです。



上飯田〜辻栄橋
辻栄橋〜瑠璃光橋
瑠璃光橋〜木津根橋
木津根橋〜稚児宮人道橋

稚児宮人道橋〜猿投橋
 花 色 々
稚児八幡宮・安栄寺
庄内用水緑道(惣兵衛川)

< 桜・花色々 >
  桜を見に行ったのですがここは日当たりがいいせいか染井吉野は場所によっては散りかけているところもありました。 夫婦橋〜猿投橋までは川の両岸に桜がびっしりでした、夫婦橋から辻栄橋まではところどころ八重桜が植えてありまだ咲いていなかったですね、 堤防のには桜だけでなく、源平桃や菜の花、紫花菜、タンポポやチューリップなども植えてあり結構いろいろな花も楽しめました。
庄内緑道のほうのも見ましたがこちらは桜が満開でちょど見頃でしたね、場所によってだいぶ条件が違うみたいです。
夫婦橋〜辻栄橋
新堀橋〜瑠璃光橋
木津根橋〜稚児宮橋
猿投橋・庄内緑道
花 色 々