名古屋陶磁器会館
《 「襖絵の回廊」 》




日本画家 伊東正次 「襖絵の世界展」2016年09月05日〜9月30日(金)まで、当館2階大ホールにて開催い。パリ・オランジェリー美術館のモネの「睡蓮の間」をイメージしての展示です。 伊東先生の狙い、3つのポイント
1.空間全体を楽しむ。 2.歴史的な建物とのマッチングを楽しむ。 3.座って(立っていると緊張しているので)鑑賞して。
椅子をご用意していますので、座って、リラックスしタして、襖絵の世界に入り込んでいただけたらと思います。
第1展示室の2階大ホールでは、ダイナミックな圧巻の日本画襖絵4作品水彩スケッチ(ペンと水彩絵の具)4作品、日本画を1作品を展示しています。
第2展示室として1階展示室にて、F20サイズの日本画から、はがきサイズの水彩画などおよそ32作品を展示販売しています。
 「日本画家 伊東正次」のホームページです。 http://www.geocities.jp/masaitu2001/
 「名古屋陶磁器会館」のホームページです。 http://nagoya-toujikikaikan.org/


「襖絵の回廊」と名付けられたこの展覧会は、日本画家の伊東正次)さんが、手掛けた作品を集めたもので、会場となった名古屋市東区の名古屋陶磁器会館には、自然の風景や動物が描かれた、ふすまとスケッチ、あわせて9点が展示されています。  こちらの「桜図」は、ふすま9枚を縦2メートル、横9メートルの、大きなキャンバスに見立て、福島県にある三春の滝桜が、繊細で精巧に描かれています。  また、力強い松と鷹など、迫力ある作品も並んでいて、訪れた人たちは、興味深く見入っていました。  
第1展示室の2階大ホールT
第1展示室の2階大ホールU
第2展示室として1階展示室V
未定