半田矢勝川の彼岸花
 平成2年から矢勝川の堤防に彼岸花の球根を植える「ヒガンバナ百万本計画」が地元の地域住民によって行われたもの。 毎年9月下旬から10月初旬にかけては東西2キロメートルに渡って200万本の彼岸花が咲き誇る。 また、四季を通して周辺の休耕田にも、ナノハナ、ポピー、マツバボタン、コスモスなどが咲き、田園風景に童話の里を彩る。
矢勝川は同市出身の童話作家、新美南吉の生家近くを流れ、代表作「ごん狐(ぎつね)」の舞台にもなった。今年は夏の猛暑の影響で開花が遅れたが、ようやく帯状の赤が延々と続く光景が広がるまでに。観光客が写真を撮ったり、スケッチブックに絵を描いたりしていた



新美南吉記念館  TEL 0569-26-4888 FAX 0569-26-4889
住 所:〒475‐0966 愛知県半田市岩滑(やなべ)西町1‐10‐1 名鉄半田口下車
 新美南吉記念館ホームページです。 http://www.nankichi.gr.jp/index.html/
半田赤煉瓦建物  問合せ先:半田市企画課 TEL 0569-26-4888 FAX 0569-26-4889
住 所:場所愛知県半田市榎下町8番地 名鉄住吉町駅下車
 半田赤煉瓦建物ホームページです。 http://www.akarenga-handa.jp/



  彼岸花は例年ですとお盆前位から咲き始めますが、今年は天候不順でお彼岸を超え涼しくなり一気に花が咲き始めましたがハンノ木は早くから咲いていましたが他の場所はちょうど見ごろで、白い彼岸花で作ったキツネのオブジェは咲き方が悪かったですが一斉にみられるのは珍しいです。 今年は南吉の初恋の嫁いだ家が新たに紹介されていました、久しぶりに記念館にも入ったのですが、作品の紹介だけで相変わらずでした、帰りに赤煉瓦建物のカブトビールが特別公開されていたので帰りに行ってきましたがカブトビールの歴史や南吉生誕100年の展示もされていました。



彼岸花T
彼岸花U
彼岸花V
彼岸花W
でで虫広場〜殿橋
殿橋〜ゴンギツネ
土地改良碑
ごんの橋&はんの木
花色々
南吉生家
初恋女性
新美何吉記念館
ポチューラカ
南吉生家他
恋人の家
ゴンギツネ他
赤煉瓦建物T
赤煉瓦建物U
未定
未定
兜ビールT
兜ビールU
未定
未定