2006年 カタクリの花







 香嵐渓のカタクリの花は、香嵐渓の飯盛山の北西向き斜面の約0.5haに群生地があります。例年開花は3月下旬頃で、4月10日くらいまで見られます。 カタクリの花は、花が咲くまでに7〜8年かかるといわれており、香嵐渓では昔から自生していたものを保護・育成した結果、現在の大きさになりました。3月下旬の暖かい日に一気に開花し、天気の悪い日や、夜には花を閉じてしまいます。 万葉集 大伴家持の一首にもこの花の名前が詠まれています。
『もののふの 八十娘子らが汲くみまがふ 寺井の上の 堅香子の花』
この「堅香子」は、カタクリの古名です。長い冬が終わり、待ちわびた春の訪れとともに咲き始めたかたかごの花に、家持も魅せられたのでしょう。 花の姿が可憐で、スプリングエフェメラル(早春の妖精)ともいわれる彼女達にぜひ逢いにきてください。 カタクリの花と同時期にキクザキイチゲも開花します。小群落を作っていますので、すぐに見つかると思います。





 カタクリ(片栗)はユリ科の多年生で、「エリスロニウム」という植物の中の一品種で 日本にはただ1種類だけです、朝鮮半島、中国北部に自生しているのも同じ種類で、ユーラシア大陸には、ヨーロッパに1 種、コーカサスに1種、シベリアに1種と合計4種類が知られています。 一方、北アメリカ 大陸には、東部に6種、西部には10数種、世界で24種が知られています。 古くはカタカゴと呼びました。カタカゴとは傾いた籠という意味で、よく開いてそり返った花びらを籠にたと例えたのでしょう。、温度や太陽光に敏感で、朝気温の上昇にともなって花弁が開き、日が暮れると閉じます。また、昼間でも雨や雪が降るとたちまち花を閉じてしまいます。 このような習性は、ユキワリソウ、キクザキイチゲやタンポポなど早春の花に多く見られます。これは早春の雪や冷たい雨から、おしべやめしべを守るための手段だといわれています。 カタクリの種はアリが好む物を含みアリによって運ばれ散布されます。地面に落ち発芽してから7〜8年経たないと花をつけません。開花する大きさになるまでは葉は一枚だけです。年数が経ち花をつけるようになると葉は二枚になります。 そして春早い時期に花茎の葉がのび、花弁が開きます。やがて木々の新緑が濃くなって地上に光線が届かなくなります。けれどもそれまでに来年のための光合成を終えて地下の鱗茎が澱粉として蓄えられます。 小さなこの澱粉を集めたのが本当の片栗粉です。
キクザキイチゲ(菊咲き一華)キンポウゲ科 別名:キクザキイチリンソウ(菊咲き一輪草)山地の林の中などに生える多年草です。 名前の由来は、花の咲く様子がキクに 似た花を一輪つけることからです。 花びらのように見えるのは萼片で,本当の花びらはありません。花の色は薄紫色と白の二種類あるようです。 同じようなところにキクザキイチゲとよく似たアズマイチゲ(東一華)が咲いていることがある, キクザキイチゲの葉は細かく裂けているので簡単に区別できるでしょう。



  朝「すぎた屋」さんに電話してお店に駐車場があるのか聞いたのですが、中央駐車場がすぐ近くにあるので、 そこにとめてくれれば食事のときに駐車券をあげるというので、朝駐車場に止めて初めてカタクリの群落をみにいきました、お彼岸過ぎて暖かい日が続いていましたが、又急に冬に逆戻りでカタクリも山野のふもとにあるんですが、当日は寒くて手袋がいるくらいでした。 カタクリの花は天気がよくないと開かないみたいで、当日は午前中は雲が多くて時々晴れたりの天気で又風が凄く強かったです、西側はまだ光が当たらないので、時間稼ぎに山の頂上まで行ったのですが、 登りが急でしんどい割には、見晴らしはあまりよかったですね、山を下りてくると道が途中で分かれて反対側の東側に行きましたら、こちらの方が日があたって開いているのが多かったです。 お昼は又「すぎた屋」さんで今回は他のお勧めを食べてみようかと思い撮影してお昼近くなったので昼食はすぎた屋さんで、「かつ重」の他のお勧めを聞いたのですが「うどん定食」と「焼きうどん定食」ということでしたが、 又同じかつ重を頼みました、駐車料金が無料になるので、その分コーヒーも頼みました。 すぎた屋さんのお母さんに聞いたら、中央駐車場は近隣の方が買い物に来てとめる駐車場みたいでここへくるときは是非そうしなさいといわれました、知り合いの方等にも是非宣伝してくださいとのことでした。 食事が済んでから中馬街道をぶらぶら撮影しながら天気がよくなってきたので、再度咲き具合を見て帰ってきました!!
場 所:足助観光協会:〒444−2424 愛知県豊田市足助町宮平26-1 Tel: 0565(62)1272 Fax: 0565(62)0424 平成18年4月から、足助観光協会は、木曜定休となります。
食事&喫茶:杉田屋 電話 0565-62-0071 営業時間 8:00〜18:00 定休日 日曜
住 所:〒444−2424 愛知県豊田市足助町宮平26-1
 足助観光協会のホームページです。
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/
足助・カタクリT
足助・カタクリU
足助・カタクリ他
足助・町並み