2007年 紅葉&黄葉の香嵐渓



 香嵐渓といえば何といっても秋の紅葉です。11月には、絢爛豪華な香嵐渓にころもがえをします。四千本のもみじが黄や紅に染まる様は圧巻です。  見頃は11月中旬から下旬。年によって多少前後します。11月の1ヶ月間は、夜間のライトアップも行われています。時間は日没から午後9時まで。昼間とは違った幻想的な雰囲気が楽しめます。
香嵐渓のもみじは、香積寺11世の三栄(参栄)和尚が、江戸時代の寛永11年(1634)に植えたのがはじまりといわれています。 三栄和尚は、美しい自然を、より美しくとの願いをこめて、巴川沿いの参道から香積寺にかけて。楓、杉などを、般若心経を1巻詠むごとに、1本1本植えていきました。 その後大正から 昭和の始めに住民の手により植えたされ、現在の景観を誇っています。 香嵐渓は国道153号にかかる巴橋から上流約1.2kmの巴川がつくる渓谷美と、ご飯を盛ったような山容を見せる飯盛山からなる地域で、紅葉の景勝地として知られている。 また山野草の宝庫としても、愛好家からは知られています。特に、3月下旬から4月上旬にかけて咲くカタクリの花の群落は、この地方では珍しく、その分布面積は約5,000u。まるで薄紫色の絨緞を敷いたようです。秋の紅葉とは違う、早春の息吹を感じさせてくれます。




 今年は紅葉が遅れているので12月に入れば観光バスも少なくなり人もへうだろうと思って小原町の四季桜を見て香嵐渓にいきました。 途中道が混むといやので、小原町から県道19号線ので行きましたがほとんど車もなくスムーズに行くことができました。 香嵐渓につくと道が濡れていて雨が降ったみたいで、モミジの紅葉は最高の状態でしたが天気は時折青空を見せるくらいでした。 3時過ぎに香嵐渓を出4時過ぎに名古屋に帰ってきましたが名古屋は雲一つないいい天気でやはり山のほうは天気が悪かったみたいです。
場 所:足助観光協会:〒444−2424 愛知県豊田市足助町宮平26-1 Tel: 0565(62)1272 Fax: 0565(62)0424
住 所:〒444−2424 愛知県豊田市足助町宮平26-1
 足助観光協会のホームページです。
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/
12月上旬
12月上旬
12月上旬
12月上旬
待月橋&河原
紅葉&黄葉の香積寺
紅葉&黄葉の河原風景
紅葉&黄葉いろいろ